笑顔は、自分だけではなく他者にも癒しを与えてくれるものです。ただ人によっては笑ったときに歯茎が見えすぎてしまい、笑顔に対してコンプレックスを持っている人もいるかもしれません。きっと少しでも改善させたいと思っている人は多いはず。そこで今回は笑うと歯茎が出てしまう状態ガミースマイルについて触れていきます。
ガミースマイルで悩んでいる人は必見です。

ガミースマイルとは笑ったときに歯茎が見える状態のこと




上述したようにガミースマイルとは、歯科用語で笑顔になったときに歯茎が見えすぎてしまう状態のことを指します。一般的に3mm以上見えているとガミースマイルとみなされるでしょう。普段はまったく見えていないのに、笑うと必要以上に見えすぎてしまうことで、思いっきり笑うことに抵抗を持ってしまう人も少なくありません。また笑った瞬間に手で口元を隠す癖がついてしまう方も多くいるでしょう。


ガミースマイルになる主な3つの原因


ガミースマイルになってしまう原因は、主に下記の3つが挙げられます。

1. 歯の長さが短い・生えている位置が低い


人によっては、歯の長さが短かったり、そもそも歯の生えている位置が低かったりする場合があります。長さが短いと、相対的に歯茎の面積が大きくなり目立ちやすくなるためガミースマイルとみなされやすいでしょう。また低い位置から歯が生えている場合も、その分だけ歯茎が見える面積が増えてしまいます。結果として、笑うと歯茎がみえるガミースマイルの状態になってしまうのです。

2. 上顎骨の発達が過剰


ガミースマイルの要因で最も多いと考えられているのが「上顎骨の発達が過剰」な点です。上顎骨とは名前のとおり上あごにある骨のことで、ここの骨が長くて前に突き出していると、歯茎と歯が自然に前に出てきてしまいガミースマイルになってしまうのです。

3. 上唇を上げる力が強い


上唇周りの筋力が強いために、骨格や歯に問題がなくても笑うと余計に上唇をあげてしまうことから歯茎が見えやすくなるケースも多くみられます。ちなみにこれらは先天的なもので、遺伝する可能性があると考えられています。


ガミースマイルを放置する3つのリスク


ガミースマイルを放置しておくと、以下のようなリスクが高くなると考えられています。

1. 外見にコンプレックスを持ってしまう


ガミースマイルは、鏡を見るときや写真に写った自分を見たときに気付き、人によっては審美的観点を損なう要因になります。また人によってはガミースマイルのせいでトラウマを抱えてしまったり、人間関係に支障をきたしてしまったりすることもあるようです。

2. 虫歯や歯周病の原因になる可能性もある


審美的観点以外のリスクとして挙げられるのが、「虫歯」や「歯周病」などです。とくに上顎骨が前に出ているせいでガミースマイルになっている人は、噛み合わせや歯並びにまで影響を及ぼしていることが多く、食べ物も挟まりやすくなってしまうのです。またその部分は歯ブラシが届きにくいため、歯垢が溜まりやすくなりむし歯や歯周病のリスクが高まります。

3. 口臭の原因にもなる


さらに、歯の向きが前方に突出しているガミースマイルの場合、通常の形をしている人よりも口が閉じにくくなります。そのため口の中が乾燥しやすくなり、口臭の原因につながってしまう可能性が高いでしょう。

以上のようにガミースマイルは放っておくとさまざまなリスクを高める要因を作り出してしまいます。このようなリスクが高いと診断された場合はしっかりと治療することをおすすめします。


ガミースマイルの治療方法





ガミースマイルの治療方法は原因ごとに異なります。それぞれの治療法がどの原因に適応しているのかについては、以下を参考にしてください。

粘膜切除術


粘膜切除術とは、上唇の内側と歯茎を切除して縫い縮める手術のことです。主に上唇の筋肉の力が強いために起こるガミースマイルに適しています。注意点としては、手術後に上唇を上げすぎないようにすることです。上げすぎてしまうと縫合した部分が開いてしまい、再手術となる可能性が高くなります。

ボトックス注射


ボトックス注射とは、ボツリヌス菌の毒素(ボツリヌストキシン)を医薬品として生成したものを注射し、神経から筋肉へと伝わる信号を遮断して筋肉の動きを抑える治療法です。粘膜切除術と併用されることが多く、上唇の筋肉の動きを抑えることで縫合部を守ることがメリットとして挙げられます。
ちなみに、ボトックス注射自体の効果は約3~6ヵ月といわれているため、単体で治療を受ける場合は定期的に注射してもらう必要があります。一時的な改善をはかりたい人におすすめです。

歯冠長延長術


歯冠長延長術とは、歯茎が見える面積を減らす治療方法です。この方法は、歯がもともと短い人や歯並びが悪い人、出っ歯に悩む人に推奨されるもので、歯と歯茎を削り取った後にセラミックの歯を入れ込みます。そのためセラミック法との併用になるでしょう。

上顎骨切り手術


上顎骨切り手術は「上顎骨体移動術」とも呼ばれており、上あごの骨を引っ込めて歯の出っ張り自体を抑える治療法です。基本的には上の歯の4番目を抜歯してスペース作ります。そのスペース分だけ前歯を引っ込めて出ている歯や歯茎を目立たなくさせます。個人差もありますが、最大で7mmほど引っ込められる効果が期待できます。

矯正


ガミースマイルに適応する矯正は主に3つです。

1. 通常の歯列矯正と同じ「ワイヤー矯正」
2. 1に加え前歯にもワイヤーを入れるアンカースクリュー(ミニスクリュー)の「インプラント矯正」
3. 矯正を周りに知られたくない人向けの「裏側矯正」

どれもガミースマイルを治療するだけではなく、歯並びまで整えられるメリットがあるのが特徴です。


ガミースマイル治療後に注意する4つのこと


ガミースマイルの治療はそのほとんどが外科的治療です。そのため治療後はいくつか注意しなければいけないことがあります。
以下は、ガミースマイルの治療後に注意する点です。

1. 激しい運動を控える


骨を削り取った人に当てはまることですが、運動などで血流が早くなると意図しない出血をもたらす可能性があります。治療後は極力控えたほうがよいでしょう。

2. 食事は麻酔が切れてからにする


口腔内の感覚が麻痺しているため、頬を噛んでしまう可能性があります。出血の原因になるため食事は麻酔が切れてからにしましょう。

3. 治療した箇所への強い刺激はNG


治療した箇所を歯ブラシで力強くこすると傷を深めてしまう可能性があります。

4. 治療後数日はあまりプライベートの予定を入れないようにする


治療が終わって数日間は口腔内が腫れてしまうため、直後の予定はなるべく避けたほうがよいでしょう。

医療法人社団幸友会 中野デンタルクリニック

〒165-0026 東京都中野区新井2-1-1 ランドコープビル2F、6F

  • 完全予約制 ご相談などお気軽にお問い合わせください 03-5318-0550
  • 診療時間

    月~金:9:30~13:00 14:30~18:30
    土曜日:9:00~17:00

    ※日曜日は月2回程度診療

求人募集

アシスタント・歯科衛生士・受付を随時募集しております。応相談、経験者優遇いたします。電話にてご連絡後、履歴書を郵送してください。
電話:03-5318-0550